敏感肌 スキンケア 40代

化粧水をつける時に肌に刺激を与えないほうがいいんですね

化粧水はコットンでパンパンつけていましたが、最近は手でパッティングしていました。パンパンではないですが、最後にパンとかしていましたが、この行為は肌を痛めてくすみの原因にもなるようです。私も大きく反省しました。
正しい化粧水の付け方は、手のひら全体にローションを伸ばし肌を押さえつけるようにしていきます。またコットンを使うのもいいようですが、この場合も優しくポンポンと万遍なく付けます。とにかく肌を傷めないように優しく付けることが大事です。そして注意がいるのは肌トラブルのある人は手のひらをつかい優しく付けたほうがいいですね。

 

ローションの次につけるのが美容液になりますが、乾くのを待ってつけるのか?それとも潤っているうちにつけるのかどちらがいいのでしょうか?
今の化粧品は浸透が早いので乾くまで待たずに、順に次々付けて行けばいいといいます。

 

化粧水で潤っている状態で美容液やクリームはつけても大丈夫ですが、ファンデーションなどを塗る時はべたつきのある状態でしたら浸透するまで待って使うようにしましょう。

化粧水はケチケチしずにたっぷりと

特に高い化粧品だとそうなんですが、分量以下で使うこともありますよね。最低でも分量と同量の化粧水は使った方がいいと言います。また、乾燥がひどい時などは化粧水を2度塗りするなども肌が保湿されるのでおすすめです。ですが、化粧水だけをたっぷり塗ったから保湿は万全ではないです。美容液やクリームでバリアすることも行わないと肌の水分が逃げだしてしまいます。

 

化粧水などは大豆くらいとか真珠くらいとか目安が書かれています。その目安通りに使って効果が出るようになっています。目安以下だと効果が出にくいということもありますのでケチケチしずに使うことも必要です。そして、分量以上に使ったからもっと効果があるのかというとそれも望めません。ですから、適量で使うことが必要となります。

化粧水は音を立ててパッティングしても大丈夫?関連ページ

クレンジング
敏感肌のスキンケアを紹介しています。40代の私も敏感肌ですが、敏感肌でもつかえる化粧品がネットで購入できます。まずは、トライアルセットで自分に合う化粧品なのか試すことから始めていきましょう。
洗顔
敏感肌のスキンケアを紹介しています。40代の私も敏感肌ですが、敏感肌でもつかえる化粧品がネットで購入できます。まずは、トライアルセットで自分に合う化粧品なのか試すことから始めていきましょう。
クリーム・乳液
敏感肌のスキンケアを紹介しています。40代の私も敏感肌ですが、敏感肌でもつかえる化粧品がネットで購入できます。まずは、トライアルセットで自分に合う化粧品なのか試すことから始めていきましょう。