乾燥肌とは

敏感肌とは?

敏感肌とは、ほんの少しのきっかけでトラブルが起こる肌の事です。
敏感肌の人の皮膚は、通常の人より角質の水分保持能力が低下してしまっており、皮膚表面の皮脂膜が不十分で外部からの刺激に大変弱くなっているようです。

 

敏感肌は、セラミドという角質層の全脂質の40〜60%を占めるとても重要な成分で、細胞にある細胞間脂質といわれる物質の一つが足りない状態で起こりやすくなります。セラミドが不足した状態だと、バリア機能が低下してしまい、ウイルスやアレルゲンが進入しやすく、また炎症を引き起こしやすい状態であると言う事です。乾燥肌は、そのような状態のためちょっとした刺激にも敏感に反応するようになってしまうのです。

 

また、アレルギーなど遺伝的な体質が原因となっていることも多いようです。アトピーなどのアレルギー体質の人の体は、刺激物質が角質層の内に侵入すると大きく免疫機能が働き、その防御反応として皮膚が炎症を起こすのです。

よって、通常の人なら問題ない物質や変化に対して、敏感肌の人は過敏に反応してしまう性質をもっているのです。

 

普通の人よりもかゆみやかぶれ、赤みなどの炎症症状もより現れやすいと言った傾向があります。
例えば、洗顔の時等に顔をこすり過ぎるといった物理的な刺激や、化学成分の強い石けんの使用などで化学的な刺激を同じように受けても、炎症やかぶれ、かゆみを起こす人とそうでない人がいるっと言った事もこの為なのです。

 

ですから、敏感肌の方がスキンケアを行うための化粧品はオーガニックコスメなど、無添加で自然の植物からできている物が好ましいですね。

 

 

 

 

 

敏感肌にピッタリな化粧品のタイプ

敏感肌とは、その名の通りで少しの刺激にも敏感に反応して荒れてしまう肌の事です。そんな敏感肌の方にもあう化粧品とはどのようなものを選んだら良いのでしょうか?

 

敏感肌はお肌のバリア機能が通常の肌の人より弱いので、少しの刺激でもお肌が荒れたり吹き出物が出来やすい状態にあります。
そこで、敏感肌のスキンケアは低刺激のコスメを選ぶことがポイントになってきます。更に、乾燥もしやすいので保湿成分が高いものを選ぶようにするのもポイントです。

 

敏感肌用化粧品は、低刺激性で安心安全などを謳って販売していますが、すべての敏感肌の人に安心なものか注意が必要です。

 

この敏感肌の女性たちが急上昇しています。
特に40代女性で敏感肌だと自覚している人がおおいようです。ですから40代女性の敏感肌のスキンケアはよく考えて化粧品を選ぶ必要があります。

 

一般的には低刺激性と謳われている敏感肌用化粧品は刺激を与えるとされている成分を使用せずに天然原料を中心に作られているものですが個々の肌の状態によっては低刺激と謳われている商品でも刺激を感じる可能性もあります。

 

自分の肌がどんな成分に敏感になるのか、自分だけでは判断しずらいので、皮膚科で調べて頂く事が良い方法かと思います。
その後、トライアルセットなどを利用して自分に合うコスメを選ぶ事が良いでしょう。

 

敏感肌 スキンケア 40代

女性に多い肌の悩み

肌の悩みは十人十色で人それぞれ違っています。
肌の性質が皆、違っているものだからなのですが、オイリー肌、乾燥肌、混合肌敏感肌などに悩む方も多いと思います。そして、ニキビや季節の変わり目の肌の変化に悩まされる方もいます。

 

お肌のトラブルの代表はやはり、シミ、乾燥、毛穴が多くあげられるようです。肌の悩みやトラブルの原因は加齢による肌の老化が大きいと思われますが年齢を重ねると肌のターンオーバーのサイクルが緩やかになって、中々古い角質が排除されにくくなってしまう事が原因のようです。
このことから、肌のすくみやシミが目立つようになって来て気になってしまう事が多いようです。

 

そのほかにも、紫外線やストレスが原因で肌に悪影響を及ぼしている場合もあります。きれいな肌を保つためには外的、内的双方から改善していく事も大切なことと言えそうです。

 

毎日の食習慣を見直したり、こまめにスキンケア・UVケアをしていくとにより肌の悩みも解決していくと言う事でしょう。